忌避剤の鳩対策効果を薄れさせる要因について知る!

忌避剤の効果を台無しにしてしまうベランダとは?

忌避剤の効果を薄れさせてしまう要素がいくつかあります。より効果を高める為に把握しておきましょう。

鳩を寄せ付けてしまうベランダ

鳩は雑然とした環境を好む習性がありますので、ベランダが散らかっている場合は忌避剤を使用しても効果が低いです。忌避剤を使用する際には、ベランダに置いている不要なものを片づけておくことによってより効果を高めることができます。また、鳩は糞や汚れなどがある不潔な環境を好みますので、清掃をして清潔な環境にしておくことも大切です。

糞を見つけたらすぐに掃除をしよう

糞を除去

鳩の糞をする際は、マスクと手袋を準備しましょう。そして、固着した糞にぬるま湯をかけて柔らかくしながらスクレイパーなどで除去しましょう。固着している範囲が広い場合は、新聞紙を被せて、その上からぬるま湯をかけると効率よく柔らかくなります。

消毒用エタノールを散布

糞をしっかり除去しても、細菌が残っている可能性が高いので消毒を忘れないようにしましょう。消毒用エタノールを散布し、デッキブラシでよくこすって綺麗にします。最後の仕上げにもう一度消毒用エタノールを散布することも大切です。

自分の鳩対策に不安があるなら業者に相談して早期解決

鳩対策は早ければ早いほどよりよいとされています。その理由について見て行きましょう。

鳩を早めに対策しなければならない理由

ハト

鳩の最大のリスクが健康被害です。鳩は排泄量が非常に多く、鳩の糞には多くの病原菌や寄生虫が生息しており大変危険です。トキソプラズマ病やクリプトコックス病といった病気に感染してしまう可能性があります。鳩を放置していると、このような健康被害を受ける可能性がどんどん高まるので、早急な鳩対策が必要となるのです。

アフターフォローまでばっちり対策してくれる業者

清掃と消毒をしっかり行なってくれたので鳩が戻ってこなくなりました!(30代/男性)

ベランダにこびりつている鳩の糞は、もはや個人ではどうしようもないレベルでした・・。業者さんにいらいしたら、専用の高圧洗浄機を使ってスピーディーに清掃してくれて本当に助かりました!

自分で忌避剤を塗布するより、数倍効率良く塗布していたので驚きました。(30代/女性)

屋根裏の狭いスペースに鳩が巣を作ってしまい、自分で対策をするのは危険で手を出せませんでした。業者に依頼したら、スタッフさんが対策を行ってくれましたよ。手慣れた手つきで作業をしていて、安心感がありました。やっぱりプロは違いますね。

アフターフォローが充実していたから不安はありませんでした。(40代/男性)

鳩対策を行っても、再発することが多かったので、施工を行った後にアフターフォローが充実している業者を選びました。施工を終えた後にいつ鳩被害が再発するか分からない不安な日々から解放されて、今は快適です。

忌避剤などの鳩対策グッズを個人で利用する際は、十分に鳩の習性を勉強して、被害を受けている場所の特性を分析した上で効率よく行う必要があるようです。満足できる効果が表れるまでに時間がかかると病気に感染するリスクも高まってしまいますので、手っ取り早く確実に効果を実感したいのであれば業者に依頼するようにしましょう。

TOPボタン